綾辻行人【新装改訂版】と旧版の違い

こんにちは榎本亮です!

新装改訂版との違い

最近は「殺人鬼」(旧版)を読了し、現在は「水車館の殺人」(旧版)を読んでいます。

水車館は館シリーズの二作目です。

一作目は「十角館の殺人」

画像の通り、十角館は新装改訂版で、水車館は旧版です。

勿論、水車館の新装改訂版も出ています。

新装改訂版とは綾辻さん曰く決定版です。

とは言え、そもそも単行本化または文庫化の時点で加筆修正しているので、旧バージョンでも何も問題ありません。

個人的に、殺人が起こる綾辻さんの小説は、現代の言葉よりも当時の表現で読みたいという気持ちがあります。

(なんか恐ろしいことを言っているような気が)

しかし表現以外にも文章を更にブラッシュアップしているとのことなので、やはり新装改訂版がいいのかな。

あとがき解説も違うので

一番は読み比べでしょうね。

みなさんは是非、新品の新装改訂版の方を。

完全改訂版

「霧越邸殺人事件」のように十角館も記事にしようかな。

霧越邸は完全改訂版と表記が違いますね。

霧越邸は綾辻作品の中で一番洗練されている作品とのことなので、完全改訂版がお勧めですね。

地域の図書館に霧越邸の単行本が寄贈されているので、読み比べてみようかな。

終わりに

綾辻さんといえば新本格ミステリーの館シリーズだと思いますが、私はなぜか館シリーズをとって置いています。

まずAnotherシリーズ、囁きシリーズ、十角館を挟み、霧越邸、殺人鬼シリーズときて、漸く二作目の水車館を読んでいます。

「どんどん橋、眼球奇譚、フリークス」も本棚にあります。

タイトル的に「最後の記憶」も気になっています。

インスタグラム

@ryoenomoto
榎本亮

@botan_kaede
ボタンインコの楓ちゃん

Instagram
ボタンインコの楓ちゃん

Instagram
榎本亮(メイン)

有り難うございました!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事