バイト休憩のささやかな楽しみ「日常ブログとエッセイは似てる」
こんにちは榎本亮です!
楓ちゃん

バイトするか就職するか

本屋さんのバイト週5でしている。
ここまで頻繁にバイトをするのは高校以来だと思う。

毎日ブログも5週目で約1ヶ月更新できたのでペース落とそうかな?
でもそれだと毎日にならないか。しまった。

もともとこのバイトも小説書きながらの予定でしたが。
(本職の音楽は何処へやら。レッスン業はしていますよ。)

ブログエッセイにしようかな?

作家は大変

本屋の文庫を担当して分かったのは出版、本、作家業界は厳しいですね。音楽と同じです。

デビューしたり、新刊を出すだけでもすごいことだと思うのですが、売れる本はいつも同じ不動の人気作や売れっ子作家のフェアで出す本だけ。
それ以外では出版社の一押し作品がその時に売れるだけ。

そもそも小説自体あまり売れてないです。高い単行本はなおさら。

参考書や実用書の方が必要とされているようです。

おそらく別フロアのレジのマンガ、雑誌コーナーの方がすごいと思います。

しかし年配の方の時代小説の支持はすごいですねぇ。
一番人気のミステリーが買われていないと思うのは若者がAmazonやキンドルなどでダウンロードしているからそう感じるのでしょう。

資源の問題

本屋にきてね。紙もいいよ。
昨今は資源の問題が多いですが本を作るのは資源の無駄ではないと思います。

むしろ紙問題は年末年始のアレをどうにかした方が。
それと現金。
毎年の現金輸送にどれだけのお金を使っているか
日本はいつまでこんなことをするのでしょうか?

小説よりブログ

話を戻して

なので一から小説を書いて、送って、デビューできる日を待つより、自分のブログで収益をあげた方が確実になってしまいます。
好きなことを書けますしね。

と云うより書きたいことやネタはあるけど、まず小説を書けないし、送っても一次選考で落とされそう笑
奇跡が起きてデビューしたところで、上記に書いたように売れるわけではないです。

それならばこれまでやってきた本職のベース演奏をコロナが終わってから再開した方がよっぽど可能性があります。

毎日ブログの書き方

と云うことでやっぱり毎日ブログは変化させつつ頑張っていきます!笑

週5でバイトしながら毎日ブログを投稿するにはルーティンにするのが一番
その中にちょっとした楽しみを入れるのもポイント
(やっとブログタイトルの内容に)

ルーティン
  • 通勤中にうっすら何を書くか決める
  • 決めたら読書
  • 昼の休憩中にスマホでブログの下書き
  • 大きいおにぎりを一つ食べる
  • 休憩室を出て社員用のちょい安お得用ベンディングマシーンで100円の小さなカフェオレやエスプレッソなどを買う
  • 飲みつつ小説を読むのが楽しみである。
  • 帰宅し夕食後PCでまとめて投稿
  • (ベースの練習も毎日もう十数年続けています。)

因みにおにぎりは母親が毎朝作ってくれる。
ベンディングマシーンとは自動販売機のことである。
高校時代覚えた唯一の英単語かもしれない。

昨日のブログでも書いた綾辻行人さんの「霧越邸殺人事件」を読了したので
きょうからは川端康成の「雪国を読んでいます。

しかし本屋の文庫を担当していると面白そうな本に出会う。

ジュール・ヴェルヌの「海底二万里は表紙から面白そう。
買おうかな。でも買って読んでない本がたくさんあるからなぁ。

最近の悩みは読書する時間がほとんどないことです。

きのう投稿した「霧越邸殺人事件」のブログ↓も読んでいただけたら嬉しいです。

えの
有り難うございました!
楓ちゃん
またね
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事