トッピング恐怖症-ソフトクリーム

こんにちは榎本亮です!

楓ちゃん

チュピ!

コーヒーとやっすい菓子パン

でもあんこブレッドはずっしりしているのでなんだかいい菓子パンに思える

そう云えば菓子パン好きな穂村弘さんはあんぱんが一番好きみたいです。

それもこしあん

トッピング恐怖症

これは2011年。彼は今年結婚する。

まえがき

できるだけ毎日ブログを更新しようと思い、下書きリストからネタを探していた。

そのなかに「トッピング恐怖症」があった。

ちょっと面白いかも。過去の自分からの贈り物に喜びつつプレビューで表示してみる。

何も書いていなかった。

せめて一言でもメモがあれば

なんとかこのタイトルで投稿したく色々考えてみた。

トッピング恐怖症

トッピング恐怖症と云う言葉はない。

僕が勝手に震えてるだけ

いままでトッピングを選ぶことで完成品が98点にも赤点の39点にもなった。

101点になったことはない。

トッピングには三種類ある。

  • 家でするトッピング
  • 店員さんを呼ぶ前に吟味できるパターン
  • 店先で注文したあとに不意に訊かれるパターン

いま思えば当たり前のようにトッピングと云うが

Topのing形なんですよね

Topping

ソフトクリーム

これは2013年の大学の帰りのファミレス。曲がってますね。

店先トッピングの代表はやはりソフトクリームだろう。

自らソフトクリームを買うことはない。

理由は高いから。


220円のバス代を浮かせるためにベースを担いで35分歩くこともある。

手ぶらなら往復歩く。440円だ。

僕はこれを440円稼いだと云う。

バスに乗る人は、電車しか乗らない人にくらべ約2倍の交通費がかかるのだ。

交通費を楽天カードで乗れないのかな?楽天ペイでいけるのかな?

僕のお金ないブログです

話を戻して


220円を高いと思っている僕にソフトクリームは高価である。贅沢品だ

エクスペンシブ(expensive=高い)と云う英単語だけは何故かスッと覚えることができた。

それに一人で買うことはまずないし、男友達と「ねえソフトクリーム食べよ」とはならない。

クレープはあり。

お出かけするような女友達はいないし、彼女なんて2019年の夏前の26歳の暮れ以降いない。

どのくらい付き合ったっけ?

1ヶ月かな?

最後らへんは僕の27歳の誕生日に「おめでとう」の一言がきただけで連絡も途絶えていたから、本当に交際していたと云える期間は1週間ほどか。

では誰と食べるのか?

それはお母さんである。

さまぁ〜ずの三村さんは「は〜暑い暑いアイス食べたい...!」と云うのはおばちゃんと話していた。

それは僕の母親にも当てはまるようで、ちょいちょい駅前のデパートの地下にあるような名もなきソフトクリーム屋さんに入る。

というより立ち寄る。

メニュー

季節限定が好きなわけではないが白桃ソフトや中華杏仁ソフトは魅力である。

他を見ると

プレミアム
  • 北海道プレミアムバニラ
  • プレミアムチョコレート
  • プレミアム宇治抹茶
  • プレミアム宮崎マンゴー

プレミアムばかりだ

こんなにプレミアムがあるなら書かないほうが読みやすいのに

ノンプレミアム
  • 北海道バニラ
  • チョコレート
  • 宇治抹茶
  • 宮崎マンゴー

うん、こっちの方が魅力的

お店側から「特選」とか「極旨」とか「スペシャル」とか云われても。

因みに「プレミアム」は飲食店の場合「高級」や「上等」と云う意味


ブルーベリーヨーグルトも美味しそう

色がいい

ブルーベリーをヨーグルトの中で潰すあれは芸術だ

幻の半分バニラ

しかしお得なようで却って魅力が半減どころかそれ以下になるのが

バニラ&○○シリーズ

あれを頼んだことは一度もないし、食べている人も見たことがない

見たことがないんだ本当に。

バニラに興味がある60後半の母親でさえ頼んだことがないと云う

子供はバニラに興味はないだろう

ではいったい誰が頼んでいるんだ?

幻のハーフバニラ

それなのにいつの時代のどこの店にもある。

パキシエルも絶対にチョコ&バニラよりチョコ&チョコのほうがおいしい

しかしこれは7本入りだ

奇数

バニラ3、チョコ3。残り1本はランダム

いつもバニラ4、チョコ3なのだ

それにしてもパキシエルの先端のチョコが厚い部分を溶かしているとうっとりする。

話をまた戻して

トッピング

これは以前の

えの「杏仁ソフトください」

店員「無料のトッピング3つ選べます」

ぐっ。

少し焦る。

後ろに列ができていなくても焦る。

この焦りはなんだ?

僕と店員さんとの時間の圧迫か

ソフトクリーム屋さんからのセンスを問われる圧迫なのか

結局わけもわからず、自分が杏仁ソフトを選んだことを忘れ、チョコスプレーチョコシャワーのWチョコになり、カラメルクッキーもつけていた。そんなに好きじゃない。

どれもこれもまったく合わない。

お好みのトッピングを選べますと云うけど、全然好んでないものをトッピングするから完成品が98点にも赤点の39点になるのだ。

僕はいつか101点のトッピングを選びたい。

それが30歳の目標だ。

インスタグラム

@ryoenomoto
榎本亮

@botan_kaede
ボタンインコの楓ちゃん

Instagram
ボタンインコの楓ちゃん

Instagram
榎本亮(メイン)

有り難うございました!

楓ちゃん

またね

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事